厄年にしてはいけないことは何?お祓いは必要?男性・女性でここが違う!

スポンサードリンク

皆さんの周りに厄年の方はいらっしゃるでしょうか?

すでに厄払いをした方や厄払いはしない主義の方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも、厄年にはお祓いって必要なのでしょうか?

厄年にしてはいけないことはどんなことでしょうか?

今回は、厄年の方の為の雑学をご紹介します。

男性、女性の厄年の違いや神社やお寺の厄祓いの違いなど、厄に関する気になることを詳しくご紹介するので、是非お役立てください!

男性・女性の厄年はいつ?

まずは、今年の厄年を確認しましょう!

 男性【前厄、本厄、後厄】大厄

【24歳、25歳、26歳】【41歳、42歳、43歳】【60歳、61歳、62歳】

 女性【前厄、本厄、後厄】大厄

【18歳、19歳、20歳】【32歳、33歳、34歳】【36歳、37歳、38歳】

【60歳、61歳、62歳】

男性が厄年にしてはいけないこと

一般的には、“新しいことを始めてはいけない”と言われています。

男性の場合、働き始め、働き盛り、第2の人生の始まりと仕事における転換期を迎える年齢に厄年が重なっています。

そのため、生活にも大きな変化がある時期とも言えるでしょう。

男性が厄年に避けた方が良い「新しいこと」とは

  • 新しい仕事先への転職
  • 家を新しく建てる、引越しをする
  • 新たに家庭を築く
  • 新たな事業を始める、起業する

新しいことを始めることにはリスクも伴ってしまうため、そもそも転換期を迎える時期に、よりリスクが高まることをすることはやめましょうといった考え方があるようです。

しかしながら、やらざるを得ない状況の場合、必ずダメというわけでもありません。

あくまでも、自ら必要以上に変化を求めないこと、いつもの年以上に注意をしながら慎重に事を進めることが大切です。

女性が厄年にしてはいけないこと

女性に関しても、厄年には“新しいことを始めてはいけない”と言われています。

しかし、女性にとっても、厄年が設定されている年齢は、身体や、生活においても変化があることが多いでしょう。

就職、結婚、出産と、女性の転換期に厄年だから控えましょうと言っても難しいこともあるかもしれません。

女性が厄年に避けた方が良い「新しいこと」とは

  • 結婚
  • 出産
  • 就職や転職

厄年だからと言って、結婚や出産を我慢する必要はありません。

男性の厄年でもお話しましたが、あくまでも注意をして、色々な事に気をつけながら事を進めれば良いのです。

確かにこの時期は、妊娠、出産、閉経など女性の体調面も大きく変わる年齢と言えるでしょう。

結婚に伴う引っ越し、育ち盛りの子どもを抱える生活なども、生活が一変することで心身のバランスを崩しやすいといえるかもしれません。

体調や日々の生活をいつもより少し気にかけながら生活するのが、厄年にはおすすめです。

ちなみに、出産に関しては、厄年の出産は「厄を落とす」として、おめでたく縁起のいいことだと考えることもあるようです。

中には、男児が生まれた場合は「厄を落とす」、女児が生まれた場合には「厄がうつる」という考え方の地域もあるようです。

その場合、女の子が生まれると厄が赤ちゃんにうつってしまうと考えられていたため、母親が赤ちゃんを道端にわざと置いて家に帰り、人に家まで届けてもらう、「捨て子の儀式」で赤ちゃんの厄を祓うといった風習もあるようです。

厄年にお祓い(厄除け祈願)は必要?

厄年にお祓いは必要なのでしょうか?

もちろん、科学的に証明されているわけではありませんが、厄をお祓いすることによって神様からご利益を受け、気持ちよく厄年を過ごせるのですから、受けるに越したことはないでしょう。

厄祓いのご利益を受ける方法はいくつかあります。

厄を近づけない方法

神社やお寺に行って、厄を近づけないように守ってもらうこと。

厄除け守りがあります。

厄を追い出す方法

主に寺では、お香や護摩を焚いて、邪気を外に追い出します。 

身代わり

神様や仏様に身代わりになってもらうもの。

お参りの際に身につけている小物をわざと落とす地域もあります。

また、節分で豆と一緒に厄を落とす、食べ物を振る舞って他人に厄を分配するという地区もあるようです。

厄除けの贈り物をもらう

厄除けには、肌身離さず持てて、長い物、うろこ模様の物、七色の物が良いとされています。

一般に「厄除けグッズ」として販売されているものの他、神社やお寺の授与品を持つのもおすすめです。

例えば、福岡県にある太宰府天満宮では、お祀りされている天神さまが、愛した梅の木の下で「ひょうたん酒」を飲めば、不思議と難を免れるという言い伝えがあります。

そこで、厄除祈願を受けた方には、厄晴れひょうたんが授与されます。

この厄晴れひょうたんの中に、お願いごとを書いた用紙を納めて、自宅の神棚や清浄な場所にお祀りして、災難が降りかからないよう祈願するのです。

また、厄が晴れた時には、お礼のお参りをして、厄晴れひょうたんを御本殿裏のひょうたん掛所へ感謝のお気持ちを込めてお納めるそうです。

厄年のお祓いはいつする?

厄除けは、「節分」までに行うと良いとされています。 

厄が終わる「厄明け」は、後厄の、翌年の「節分」の翌日です。

無事に厄年が過ぎたら、神社やお寺に「お礼参り」も忘れずに行いましょう。

参拝の後には、家族や親しい人と「厄明け祝い」を行うのもいいようです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






厄年のお祓いはどこでする?

「厄払い」、「厄落とし」とも呼ばれている、「厄除け」のご祈祷は神社やお寺で行ってもらえます。

神道・仏教のどちらがいい、というのは、特にありません。

しかし、厄除けが庶民の間に広まったのは、仏教の真言宗の役割が大きかったようです。

各地に、“厄除け大師”と呼ばれる弘法大師像が伝えられているのもこのためです。

有名な神奈川県にある、川崎大師も真言宗の弘法大師をお祀りしています。

そのため、厄除け大師でなくてはいけないようにも思えますが、「厄除け」の一般的な方法は、神社やお寺で、厄除けに霊験あるとされるところでご祈祷を受ければよいのです。

神社で茅の輪くぐりをする、お神輿を担ぐと良いとされる地域もあります。

厄年のお祓いにはいくら払う?

「厄払い」は、「贈与」することで「厄」を落とすという考え方もあります。

ご祈祷をお願いする上では、「贈与」して「厄」を落とすことからも、ご祈祷料を納めましょう。

厄除けや厄払いで、社寺に渡す初穂料(玉串料、お寺では祈祷料)の金額はそれぞれの社寺によって異なります。

神社やお寺のホームページにご祈祷料が記載されている場合もあるので、その場合は行かれる神社やお寺の決まりに則って納めます。

全国的に多く、平均的な金額なのは、祈祷料として5千円です。

中には、「金額はお気持ちでお納めください」とされているところもあります。

その場合は、常識の範囲内で上記ほどの金額を包みましょう。

厄年のお祓い(厄除け祈願)「男性・女性の服装の決まりや作法は?」

厄年のお祓い(厄除け祈願)の時の男性の服装は?

神社やお寺によっては、「礼服でお越しください」とホームページに架かれているところもあるようなので、行かれるところが決まっていれば確認するのが安心です。

格式の高い神社やお寺だと、カジュアルな格好だからと受けて頂けない場合もあるようです。

ジャージやスウエット、スカジャンなどは避けましょう。

ビーチサンダルや短パン、Tシャツにジーンズなどもおすすめできません。

格好は、男性はスーツにネクタイがいいでしょう。

スーツもネクタイも派手な色合いのものは避けて、落ち着いた色見のスーツが望ましいです。

靴は、革靴が良いでしょう。

上下スーツと決めなくても、ジャケットに襟付きのシャツでも構いません。

厄年のお祓い(厄除け祈願)の時の女性の服装は?

女性もスーツか、ワンピース、襟付きの服装がおすすめです。

靴は、ローヒールが相応しいでしょう。

肌の露出の多い服や、色が派手な服、高いヒールなどは避けましょう。

派手なアクセサリーやサンダルもおすすめできません。

厄祓いに行く前にしておきたいこと

厄祓いの前日や当日には体や髪の毛をきれいに洗ってから出かけましょう。

神様は不潔(不浄)な物を嫌うとされています。

特に汚れた髪を嫌います。

髪の毛には様々な念がこもっていると考えられているので、髪の毛を切ることで厄を切り落とす効果があるとされています。

毛先を少し切るだけでも効果はあるそうなので、お試しください。

厄祓いの作法

厄祓いは、寒い時期にすることが多いでしょう。

特に、お寺や神社は寒いものです。

厄を祓う為に行く神社やお寺で風邪をひいてはいけないので、防寒は必要ですが、ご祈祷をする際は、マフラーや手袋などの防寒具は外すのがマナーです。

厄祓いは、神様に「悪いことが降りかからないように守ってください」とお願いするので、神様や仏様に失礼がないように帽子も取りましょう。

また、靴を脱ぐことも想定されますので、靴下も清潔なものにすることがおススメです。

ところで・・厄年のお祓い(厄除け祈願)は神社とお寺で違う?

先程、神社とお寺のどちらで厄年のお祓い(厄除け祈願)をしても大丈夫だとお話しましたが、神社とお寺の厄払いは何が違うのでしょうか?

神社の厄年のお祓い

神社では、神道にのっとった祈祷の儀式で厄祓いが行われます。

最初に、神社の本殿で、宮司の方や神職の方が祓詞(はらえことば)という神様とお祓いする人の縁を取り持つために神事の最初に読まれる言葉を奏上します。

その後、修祓(しゅばつ)と言われる儀式があり、祓い串(はらいぐし)を振って、祝詞を読み上げます。

払い串が降られている時は、頭を下げて祝詞に耳を傾けます。

最後に宮司や神職の指示に従ってお榊を捧げます。

厳かで神聖な雰囲気の中で厄祓いを受けることが出来ます。

お祓いの流れ

1、予約をする

神社にお祓いの電話予約をしましょう。
予約の必要がない場所もありますが、希望の日時にできるかどうか、事前に確認すると安心です。

2、鳥居で一礼して、手水舎で手と口を清める

神社の鳥居をくぐる前に一礼します。
それから、神社の入り口にある手水舎で手と口を清めます。

3、社務所へ行って受付をする

社務所へ行って受付をしましょう。
お祓いをする方の名前や住所、生年月日、祈願内容を書きます。
その後、お祓いの初穂料(玉串料)を支払います。

4、本殿に行きお祓い

宮司や神職の方の祝詞を聞き、お榊を捧げます。

5、授与物を頂きます。

お祓いが終了したら、宮司や神職の方にお礼を言います。
その後、御守りやお神酒(おみき)などを頂いて帰ります。

お寺の厄年のお祓い

お寺の中でも、密教系と呼ばれる真言宗、天台宗のお寺が厄除けにご利益があるとされていて、真言宗の寺院には、不動明王や弘法大師がお祀りされています。

このようなお寺で行われるのが、「護摩祈祷(ごまきとう)」です。

護摩祈祷は、それぞれの宗派における秘法とされています。人々を高い精神的境地に導き出すことで、仏に近づくという修行法として行われてきました。

薪を人間の煩悩に見立て、大道師が点火し、煩悩を焼き清めます。

清められた祈りは良い願いとなって、火に託され、ご本尊に届けられることで願いが叶うのです。

煩悩を焼き尽くすことが目的とされるので、御護摩札と呼ばれる、ご本尊の分身が渡されます。

護摩札は、願いが叶うように精進する誓いの証です。

儀式のなかには、祈祷を受ける人が焚かれた火の近くに寄って、1人1人祈りを捧げて清めてもらえる場所もあります。

お祓いの流れ

1、予約をする

お寺によっては、予約制ではなく、事前に決められた護摩祈祷の時間に合わせてお参りする形式もあります。
事前に確認したほうが良いでしょう。

2、山門に一礼をして、手水舎で手と口を清める

山門に一礼をしてから、入り口付近にある手水舎で手と口を清めます。

3、受付をします。

受付で厄除けをしたい人の、名前、住所、生年月日、祈願内容を書きます。
その後、厄除けの料金を支払います。

4、本堂に入り厄除け祈願

本堂に入り、僧侶の入場を待ちます。
僧侶は入場後に、お経を読みます。
読経をしながら、本堂中央で僧侶が護摩に火をつけます。

その炎を見ながら参列者も唱題します。

5、御護摩札を頂きます。

読経が終わると、護摩祈祷が終了し、御護摩札を授与されます。

厄年のお祓いをする神社・お寺の選び方

どこの神社や寺ではなくてはいけないことはありません。

例えば、京都にある、陰陽師として名高い、安倍晴明ゆかりの清明神社には、「厄除桃」があります。

古来中国で桃は、魔除厄除けの果物と言われいます。

古事記や日本書紀などでも魔物を追い払う様が描かれていますし、昔ばなしの「桃太郎」もこのことに由来するものです。

厄の方のみならず、この桃に撫で付けると災厄が除かれると言われています。

このような「厄」に縁のある神社やお寺も良いですが、厄祓いを行っていただけるところでしたらどこでも大丈夫です。

中には、いつも自分を見守って下さる地元の氏神様にお願いするという考え方もあるようです。

もちろん近くの小さな神社やお寺でも問題ありませんが、ここでは、「日本三大厄神」と呼ばれる厄除けの神様をお祀りしている場所をご紹介します。

ちなみに「厄神(やくじん)」とは、災厄をもたらす悪神であり、厄除けの神とされています。

悪い神様なの?厄除けの神様なの?と不思議に思いますが、色々な方の厄を一身に受けて下さる神様、ということのようです。

厄祓いと言えば、ココ!日本三大厄神 

門戸厄神 東光寺(兵庫)

1年を通して厄祓いを受けることが出来ます。

あらゆる災厄を打ち払うとされる厄神明王がお祀りされています。

石清水八幡宮(京都府)

平安時代から、歴史上重要な出来事が起こるたびに朝廷より祈願があった、由緒あるお宮です。

災厄を除ける神様として広く知れ渡り、毎年多くの人が参拝します。

丹生都比売神社(和歌山県)

天野明神とも言われ、1700年以上前から鎮座される神社です。

すべての災厄を祓う神として広く崇敬されています。

まとめ

ここまで、厄年のことを書くと怖くなってきてしまいますが、厄年を人生の節目であり、チャンスの時と考える方もいるようです。

人生の転機が訪れる時期であり、身体にも変化があるこの時期に、気をつけて日々過ごすことはとてもいいことです。

車の運転も、急な曲がり角では、気をつけてスピードを落とさないと、思いもよらない事故になることがあります。

怖がらずに、きちんと厄祓いを受けて、いい1年にしましょう。

皆さんが、「きちんと厄払いをしたから、大事に至らずに厄年を過ごせたね」と笑い合えることを願っています。

Writing:YUKIKO-加藤

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ