御朱印帳の裏側(ウラ面)は使用できる??

スポンサードリンク

御朱印帳には型紙でできた表紙と背表紙があり、その間にジャバラ式になったプチ分厚い紙がはさまっています。

概ね、大抵の御朱印帳はジャバラ式になっていてアコーディオンのように見開くことができます。

そして、このアコーディオン状のプチ分厚い紙に順番に御朱印をいただいていくことになります。

このアコーディオン状の紙には当然、裏側も存在し、裏面も同様に朱印をいただける仕様になっています。

はたして、御朱印帳の裏側(ウラ面)には御朱印をいただくことができるのでしょうか?

以下では神社さんお寺さんとでお聞きした回答をもとに少しお話したいと思います。

御朱印帳を購入して、通例であれば右側の表表紙からペラっと見開いて、1ページ目ないしは表表紙の裏側が汚れるのが気になる方であれば2ページ目から使用すると思われます。

たとえば1ページ目ないし2ページ目から順々に様々な寺社で朱印をいただき、最後のページ(背表紙の手前のページ)まできてしまったとします。

このタイミングでたまたま参拝した寺社で1度に4つ5つの朱印がいただけたとします。

しかし最後のページまできてしまっているので新たに4つ5ついただくとなると、1つの寺社で朱印が分裂してしまうことになります。

その際、以下のような迷いが生じることになるハズです。

  1. このまま裏側を使用して良いのか?
  2. 裏側を使用して良い場合、どちらの方向から使用するのか?
  3. いやいやそもそも裏側を使用する自体がダメなのか?
  4. パーッと贅沢に新たに御朱印帳を買うか?
  5. まぁ手堅く1枚もののすでに書かれた御朱印をいただいておくか?

スポンサードリンク -Sponsored Link-






裏側を使用するかどうかは己が気分次第!

実は上記の疑問を各々2つの神社、寺院それぞれへお聞きした結果、以下のような回答をいただけました。

神社

出雲大社(例):別にかまいませんよぉ。個人さんの自由ですぅ。

神宮(例):裏側も使用していただけますぉ。紙が分厚くできていますので裏側に写ったりすることはないと思いますぅ。

お寺(寺院)

清水寺:結構ですよぉ。いよぉ。 ただし、中には裏側に写ることを懸念されて使用されない方もいらっしゃいますねぇ。

金閣寺:普通は表面のみで(裏面は)使用なさらないと思われますがねぇ。がねがね(金金..コホンっ!)

この中で金閣寺だけは異なった意見をされていることが分かりますが、総合的にみて以下のような見解になります。

  • 多数決をとった場合:裏面の使用可能
  • 裏面に写ることを懸念する場合:新しい御朱印帳を買うチュッ

じゃあ裏側を使用した場合、「新たに右側から使用するのか?」それとも「左側のページの裏側から使用するのか?」

これについても上記の寺社へお聞きしたところ以下のようなご回答がいただけました。

「特に決まりはなく右側でも左側でもご自身の自由ですよぉ」

「ただ、やはり右側の方が見やすいので、新たに右側からいただく方が多いですねぇ。オぅイぇ~

 

以上、総合して結論を出せば「個人の自由である」と言うことになります。

ワタクシぅぃ的な意見

ちなみにワタクシぅぃは、裏側を使用しておりません。

理由は写ってしまう可能性もあるからです。

それと本音をさらけ出すと早く別の御朱印帳が欲しいからです。ヒッヒッヒ

納経所(授与所)の神職の方、僧侶の方も人間ですので、何か知らんけど朝から激ムカつくわ.アイツほんま状態で、MAX押しで押印される方もいると思われますので、この場合、裏面にモロに影響を及ぼす可能性もあるからです。

裏面に写るということは、その裏側の以前にいただいた朱印に写ってしまうと言うことです。

【参考】御朱印帳のページ(目安)

標準サイズの御朱印帳(タテ18㎝☓ヨコ12㎝)

  • 10ページから15ページほど
  • 厚さ:約1㎝
小さいサイズの可愛いぃ御朱印帳(タテ16c☓ヨコ11.5c)

  • 10ページから15ページほど
  • 厚さ:約1㎝

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ


コラム執筆者の紹介

磨呂子(まろこ)


当サイトでたびたび登場したウザキャラ「磨呂」の妹でオじゃる。
母の出自が賀茂神社社家。現在は霊感心理カウンセラー、占い師、レイキヒーラーをしているでオじゃリゅ。あぁ間違い。おじゃる
神道については、巫女に左足の小指の爪突っ込んだ程度の知識を持っているでおジャルわヨ。オホホん♪
あらためて勉強しなおし、皆様と共にレッスンしていければと思っています。

世露死苦お願いマヨネーズ!ポン酢!さしみしょうゆ!はぁ~っ!