「初穂料」って何?読み方は??「志納金」とは???

スポンサードリンク

仏教や神道など、宗教に関わる言葉には、少し難しくて現代では「何のことかな?」と思うようなものがしばしば混じっています。

神社に祈祷などをお願いするときに支払う「初穂料」もそのひとつでしょう。

初穂料という言葉を聞いたことがあっても、それが何を意味するのかは現代では少し難しいことに思われます。

また、「初穂料」と同じような場面でしばしば出てくる、「志納金」についても、同じなのかそうでないのか、違うなら何が違うのか、知っておきたいところ。

今回は、「初穂料」そして「志納金」の由来や意味を解説します。

■「初穂料」とは?

まずは、神社のホームページなどによく掲載される「初穂料」の意味から確認してまいりましょう。

初穂料」とは「はつりょう」と読み、これはお寺風に言うところの「お布施(おふせ)」のことです。

つまり、神様からご利益を授かるための対価として、気持ちばかりのお礼という解釈になります。

初穂料の「穂」は、稲穂の「穂」という意味で、「初」は初音ミクの「初」となります・・と、言うのは嘘となりますが「初めて」と言う意味合いあります。

よって文字をそのまま解釈すると「初めての稲穂のお金」ということになるでしょう。

現在では宗教団体として存在している神道や神社も、もとを正せば自然信仰のひとつの形でした。

古代、神々は人々に祀られ、祭祀によって人々は、自然の恵みを神々に祈っていたのです。

その祭祀はどう行われたかといえば、収穫を神に捧げることによって行われました。

古代には、祭祀を行う豪族がおり、その下に多くの農民たちがおり、稲作を行ってはこれを刈り取り、リーダーである豪族へ献納していました。

そして、豪族がこれを神に供え、また次の五穀豊穣を祈る祭祀を行う…こうしたサイクルを繰り返していました。

このとき、神に捧げるための、その年初めて収穫された稲穂が「初穂」です。

通常、いわゆる収穫祭が行われるのは秋です。

伊勢神宮の場合、10月に神嘗祭(かんなめさい)があり、これをもって盛大な収穫の感謝の祀りとなるわけですが、これに先立って9月に行われるのが「抜穂祭(ぬいぼさい)」です。

抜穂祭は、まだ稲刈りをするカマなどの道具がない時代に、稲穂を抜き取って収穫していた作業の名残であろうと考えられています。

稲を収穫し、抜き取る作業そのものが、抜穂祭の祀りです。

このときに収穫された稲穂が「初穂」となり、伊勢神宮では10月の神嘗祭の折に、新米として神々に捧げられます。

抜穂祭が行われるのは伊勢神宮だけではなく、埼玉県の白岡八幡、京都府の伏見稲荷、福岡県太宰府天満宮をはじめ、全国各地の神社で行われているのです。

一般の参拝者が神社に訪れ、祈祷などを依頼するときには、神職や神社への謝礼として「初穂料」を捧げます。

過去には稲穂を捧げていたものが、現在では初穂の代わりに、お金をお供えするという意味合いで「初穂料」という言葉が使われているのです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






■「志納金」とは?

それでは、「志納金」とはどのような意味合いのものなのでしょうか。

志納金」は「しのうきん」と読み、「志によって納めるお金」と書きますとおり、いわゆる日本で古来言われてきた「お気持ち」に値する言葉です。

志納金という言葉を使う機会は、初穂料のように限定されていません。

初穂料は上記のような語源から、神社でのみ使われる言葉ですが、志納金は神社だけではなく、お寺などその他の宗教でも使われます。

「志納金」という言葉だけを受け取れば、「いくらでもいいので、お気持ちで」という意味合いになるのですが、これが本当に「いくらでもいい」場合と、「ひと口いくらで、何口でもいい」とされている場合とがありますので、一応の注意は必要です。

たとえば寺社の拝観料などに多いですが、全く金額設定のない「志納金」を募集している場合には、1円でも良く、500円でも良く、もっと多くても良い、ということになります。

tちなみに、志納金を初穂料としている有名な神社があります。

どこの神社かお分かりになりますか?

ちょっと考えてみてください。

・・

・・

・・

・・残念無念!ハズレです。

正解は名古屋にある「熱田神宮(あつたじんぐう)」です。

熱田神宮に参拝した方であればお分かりでしょうが、社務所などに「志納金」と書いた張り紙が見られます。

志納金だからと言って何でも1円で良いわけではない

一方、寺社の建て替え費用やメンテナンス費用として志納金を受付けている場合は、「ひと口5,000円で、なん口でも」のように、最低金額として5,000円がかかります。

お寺の建て替えをする場合で、檀家負担の志納金においては、ひと口が何十万というケースも全く珍しくはありません。

それでも、なん口を寄進するかは個々人の意志に任せられていますので、そういった意味で「志まかせ」のお供えの金額が「志納金」なのです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ


コラム執筆者の紹介

磨呂子(まろこ)


当サイトでたびたび登場したウザキャラ「磨呂」の妹でオじゃる。
母の出自が賀茂神社社家。現在は霊感心理カウンセラー、占い師、レイキヒーラーをしているでオじゃリゅ。あぁ間違い。おじゃる
神道については、巫女に左足の小指の爪突っ込んだ程度の知識を持っているでおジャルわヨ。オホホん♪
あらためて勉強しなおし、皆様と共にレッスンしていければと思っています。

世露死苦お願いマヨネーズ!ポン酢!さしみしょうゆ!はぁ~っ!