2020年!夏至と冬至の日の出・日の入り時間・日照時間・夏至と冬至の太陽の動き方の違いを簡単に説明!

夏至の日は昼の時間が長く、冬至の日は昼の時間が短くなるという話は学校の授業で習ったハズです。

しかし、大人になれば日々の仕事に追われて、そんなことスッカリしゃんしゃんと忘れてしまっていることでしょう。

ちょっと思い出すつもりで興味半分でご覧ください。

通勤時間や通学時間帯の時間を持て余す時で構いませんので。オホ

以下では、夏至と冬至の日の出・日の入り時間・日照時間(昼の時間の長さ)・太陽の動きの違い!をできるだけ簡単に説しています。

「2020年!夏至と冬至の日の出・日の入り時間・日照時間・夏至と冬至の太陽の動き方の違いを簡単に説明!」の続きを読む…

大祓詞を唱えてみよう!【大祓詞の原文や現代語訳・唱え方と覚え方・効果(ご利益、威力)など】

「大祓詞」をご存知ですか?

「大祓詞」は、いにしえから受け継がれる、ご利益満載のパワーワードです。

神様に捧げるこの文を知ることで、その効果や力を感じ、自身に取り入れましょう。

今回は、大祓詞の読み方から、大祓詞の唱え方や覚え方、その効果など、「大祓詞」の様々な疑問にお答えします!

これから「大祓詞」を知る方も、すでにご存知の方も、是非取り入れて見て下さい!

「大祓詞を唱えてみよう!【大祓詞の原文や現代語訳・唱え方と覚え方・効果(ご利益、威力)など】」の続きを読む…

2021年の「小暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気

小暑は「夏盛り」という名の門をくぐった頃合いであり、門の奥には大暑(たいしょ)という夏本番が待っています。

小暑の頃には「七夕」という織姫彦星が年にたった一度、会えるという熱いLOVEの炎が火照りきって天高く炎上しちゃぅわ‥的なお熱ぅ〜ぃHOTな行事がある季節でもあります。

それと、忘れてはいけないのが、そろそろギンギンにクソほど冷えたビールがうまい頃合いでもあり、クソ腹を痛めつけるほど浴びるほど飲みたい頃合いでもありんす。

以下では、この「小暑」の読み方や意味・由来と、併せて小暑の旬な食べ物や行事・風習をご紹介しています。

「2021年の「小暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

大祓(夏越の大祓・年越大祓式)の効果(ご利益)や日程・お参りの仕方など

「大祓」をご存知ですか?なかなか耳にする事のない言葉ですが、初夏に神社などで行われる厳かな行事です。

今回は、「大祓」の効果や(ご利益)やお参りの仕方などをご紹介します。

「最近いいことないな」と思っていたり、「神社に行くのは初詣だけ」の方は、「大祓」に一度注目してみるのはいかがでしょうか?

思わぬ発見に、神社へついつい足を運びたくなるかもしれません。

「大祓(夏越の大祓・年越大祓式)の効果(ご利益)や日程・お参りの仕方など」の続きを読む…

【自転・公転の方向は?周期は何日?】「月」「太陽」「地球」の動き方を超簡単に説明!

本ページは筆者が備忘録として残していたものです。

社会に出ると仕事や人付き合いを覚える対価として、それまでに習った自然現象のことや幼き頃の思い出、純粋無垢な気持ちを失います。

それら数ある思い出の中の1つに小学校の理科や中学の地学などで習った、太陽や月、地球の動き方の授業がありんす。

しかし、オッさんオバハンになるにつれて、どんどんとそんなことを忘れてしまいます。

ちょっとあの頃にかえってみるつもりでご覧ください。

以下では超簡単に「月の動き方」と「太陽の動き方」と「地球の動き方」を解説しています。

「【自転・公転の方向は?周期は何日?】「月」「太陽」「地球」の動き方を超簡単に説明!」の続きを読む…

神社・お寺にお札シールが貼られているのはなぜ?千社札とは?「意味や理由・歴史(起源)由来」をご紹介!

神社やお寺に行ったとき、本殿や鳥居などに名前のシールのようなものが貼られているのを見たことがありませんか?

実はあれ、江戸時代から続いている歴史ある風習なのです。

あれはいったい、誰が、何のために、どうやって貼ったものなのでしょうか。

こちらではその名前や歴史、意味、注意点などについて解説していきます。

「神社・お寺にお札シールが貼られているのはなぜ?千社札とは?「意味や理由・歴史(起源)由来」をご紹介!」の続きを読む…

2021年の半夏生はいつから?毒が天降る意味・由来と行事食(タコうどん)・行事(風習)など|雑節

夏至の時期の中頃を少し過ぎたあたり、夏至から数えて11日目には「半夏生」という日が、「雑節(ざっせつ)」と「七十二候(しちじゅうにこう)」という暦で定められています。

雑節と七十二候の2つの暦で集録されている事実をもってしても、半夏生がいかに重要な日とされてきたのが理解できます。

雑節や七十二候という暦は農作業の目安とされていることからも、半夏生が農作業においての1年の重要な節目と位置付けられているからに他なりません。

以下では、半夏生の期間や意味・由来(起源)・行事食(食べ物)・行事(風習)などをご紹介しています。

「2021年の半夏生はいつから?毒が天降る意味・由来と行事食(タコうどん)・行事(風習)など|雑節」の続きを読む…

厄祓い・厄除けは神社とお寺でどう違うの?

厄払い(厄除け祈願)は神社とお寺のどちらでをしても構わないとされています。

しかし、神社は神様を祀っているのに対して、お寺は仏様を祀っています。

はたして、神社とお寺の厄払いは何が違うのでしょうか?

以下ではこの謎に迫ってみたいと思います。

「厄祓い・厄除けは神社とお寺でどう違うの?」の続きを読む…

厄年にお祓いしないとどうなる?厄祓い・厄除けは絶対に必要?

厄年にお祓いは必要なのでしょうか?

もちろん、科学的に証明されているわけではありませんが、厄をお祓いすることによって神様からご利益を受け、気持ちよく厄年を過ごせるのですから、受けるに越したことはないでしょう。

厄祓いのご利益を受ける方法はいくつかあります。

以下では厄年のお祓いをしないとどうなるのか?厄除け祈願は絶対に必要なのか?必要であるならばなぜ、必要なのか?をお伝えします。

「厄年にお祓いしないとどうなる?厄祓い・厄除けは絶対に必要?」の続きを読む…

【厄祓い・厄除け】「男性・女性の服装の決まりや作法は?」

正月初詣で寺社の境内に行くと、デカデカとこれ見よがしに大きな「今年の厄年一覧表」などと書かれた看板を見かけることがあります。

中には「厄年」という言葉は知っていても、内容を知らない方もいると思います。

厄年という概念を知らずに初めてその看板を目にしたとき、驚くハズです。

以下では、厄年のお祓い(厄除け祈願)を受ける際の男性・女性別の服装や決まり事、作法について少しお話していきたいと思います。

「【厄祓い・厄除け】「男性・女性の服装の決まりや作法は?」」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-