おみくじの保管方法と処分方法(捨て方)を伝授します!

おみくじを引いたけど、読んだらすぐに結んでしまうから内容を覚えられない!という方は多いと思います。

おみくじは持って帰ってもいいとか、結ばないといけないとか、いろんな説があるけど、本当のところはどうなのでしょう?

こちらでは、おみくじの保管方法や処分方法について解説していきます。

「おみくじの保管方法と処分方法(捨て方)を伝授します!」の続きを読む…

【幼稚園児でもできる】おみくじの超カンタンな結び方のコツを伝授!

おみくじを結ぶ時ってどうしていますか?

案外、カンタンそうに見えて実は案外、手こずったりするものです。

このページでは、おみくじの超簡単な結び方を伝授しましょう!

忍者教室に来ているつもりでご覧いただき、後ほどご自身で実践してみてください。うきゃ

「【幼稚園児でもできる】おみくじの超カンタンな結び方のコツを伝授!」の続きを読む…

おみくじは引き直せる?「おみくじの引き方・設置場所・値段」も伝授!

例えば、観光や初詣に行った際、神社でおみくじを引いて結果が悪かったとします。次にお寺へも参拝することになり、再び目の前におみくじがありました。あなたならもう1度、引きますか?

つまり、おみくじを2回引くということです。

1回目が「凶」であれば、おみくじの順番的にはもっとも悪い結果と言えるので、ひょっとすれば引き直すことで大吉を引けるかもしれません。

ただ、そこで気になってくるのが2回目で大吉を運よく引いた場合、効果(ご利益)が半減してしまうのか?もしくはご利益はその年に初めて引いた1回目のおみくじの結果がすべてなのかを知りたくなります。

以下ではそんな素朴な疑問にお答えしています。

「おみくじは引き直せる?「おみくじの引き方・設置場所・値段」も伝授!」の続きを読む…

「おみくじ」を考えた人は誰?おみくじの起源や歴史・由来について

神社に行って、一種のイベントのように楽しんでいる面も否めない「おみくじ」。

しかしよく考えると、深い歴史的な背景がありそうです。

おみくじの起源は一体どこにあったのでしょうか。

そんな「おみくじ」のあれこれについて、まとめました。

「「おみくじ」を考えた人は誰?おみくじの起源や歴史・由来について」の続きを読む…

【『おみくじが当たる』とはどういう意味?】おみくじの種類・順番と当たる確率はどのくらい?

おみくじには「種類」と「順番」の概念がありますが、普段、神社やお寺へ足を運ばない方であれば、大吉や凶は種類なのか?それとも順番なのか?

‥このあたりがイマイチ理解できていない方も多いと思います。

このページでは、おみくじの種類や順番とはどういうものなのか?‥と、それに加え「おみくじが当たった!」‥の本当の意味や当たる確率についてもご紹介しています。

「【『おみくじが当たる』とはどういう意味?】おみくじの種類・順番と当たる確率はどのくらい?」の続きを読む…

【おみくじ持ち帰ったらご利益半減?!】凶が出たら結んで帰り大吉が出たら持ち帰る理由とは?吉ならどうする?

おみくじは神社とお寺の双方の境内に置かれていますが、あなたは、おみくじの内容に関わらず結んで帰りますか?

それとも持ち帰って大事に何処かに保管するタイプですか?

大抵の人は良い内容であれば持ち帰り、悪い内容であれば浄化してもらう意味合いで境内の結び場所に結んで帰る方が多くみられます。

このページではおみくじを結んで帰る理由や持ち帰る理由と併せて結び方もご紹介しています。

「【おみくじ持ち帰ったらご利益半減?!】凶が出たら結んで帰り大吉が出たら持ち帰る理由とは?吉ならどうする?」の続きを読む…

おみくじを作っているところを知りたいかい?日本一の製造会社が山口県にあった!!

多くの寺社に設置されているおみくじが、どこでどのように作られているのか、気になったことはありませんか?

実は、日本のおみくじの製造・出荷数60〜70%のシェアを誇る、日本一のおみくじ製造会社が山口県にあります。

その会社の名前は「女子道社(じょしどうしゃ)」といいます。

以下ではこの女子道社と日本全国の寺社のおみくじについての、深い関連性やドラマに満ち満ちた歴史をご紹介しています。

「おみくじを作っているところを知りたいかい?日本一の製造会社が山口県にあった!!」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-