2020年の「処暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

処暑の前の節気となる「立秋」は、「秋が立つ」と書いて立秋です。

しかしながら立秋とは名ばかりで実際はまだまだ残暑が厳しく、汗ばむ陽気が続く頃です。ただ、処暑の時期になると台風の襲来が多くなり、荒天も多いことから、いよいよ夏から次の節気となる秋へと移り変わる様子を感じる頃でもありんす。

以下では、「処暑」の読み方や意味・由来と、併せて処暑の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「2020年の「処暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

2020年の「立秋 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

ガリガリ君を4本一気食いド頭ズキぃ〜ン!‥という盛夏の季節も、いよいよ哀愁を感じさせる頃合いが訪れ、4本一気ぐいをすると速攻で腹痛を起こし、速攻でトイレにかけこんで速攻で下痢便を炸裂させてしまうような季節が到来します。

このそろそろ下痢便が炸裂され始める季節こそが秋です。

秋に入るとそれまでのムンムンとした熱気はやわらぎ、特に朝夕が近づくにつれ、気温がグッと下がります。この頃合いに冷たいものを食べるとすぐにお腹が痛くなって、下痢便発射用意の信号が即座に脳の細胞という細胞へブロードキャスト配信されます。

以下では、この「立秋」の読み方や意味・由来と、併せて立秋の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「2020年の「立秋 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

2021年の「夏至 (げし)」はいつから?意味・由来(冬至と夏至の違い)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気

芒種から始まった梅雨はこの夏至期間中を通して、小暑の手前あたりまで続きます。

いよいよ夏至が到来すれば夏本番に突入したといえます。

この頃、北半球においてはちょうど夏至の日は1年の中でもっとも昼の時間が長くなり、夜が短くなります。

しかしながら、夏至の期間は梅雨時期でもありんすので、ぐずついたお天気が続き、日照時間が約4時間くらいということもあり、太陽があまり見えません。したがって、蒸し暑さだけが夏の到来を告げており、昼時間が長いことに気づきません。

以下では、この「夏至」の読み方や意味・由来と、併せて夏至の旬な食べ物や行事・風習をご紹介しています。

「2021年の「夏至 (げし)」はいつから?意味・由来(冬至と夏至の違い)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-