【2022年】「穀雨(こくう)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気

桜が散り4月下旬になると、いよいよ初夏を彷彿とさせる梅雨(つゆ)を告げるかのような雨がよく降る時期を迎えます。

穀雨とはまさにこの雨の多い時期を司る言葉です。

以下では、「穀雨」の読み方、意味、穀雨の食べ物のほか、穀雨の時期の行事、風習、そして季節をより生き生きと現した七十二候についてご紹介しています。

穀雨の時期の歳時記、時候の挨拶など、知れば晩春をより深く楽しめる「穀雨」に関するあれこれを述べています。

「【2022年】「穀雨(こくう)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気」の続きを読む…

二十四節気 一覧表💋2020年・2021年・2022年・2023年対応

このページではページのいちばん下まで二十四節気を一覧表形式でご紹介しています。

二十四節気は紀元前6世紀〜7世紀の頃に中国で成立した中国暦です。日本へ伝来したのが古墳時代、実際に活用され始めたのが奈良時代後半〜平安時代初期の頃になります。

その後、繰り返し改訂が行われ、現行の二十四節気は江戸時代後期に暦学者・渋川春海が改訂した二十四節気および七十二候に基づいて、1874年(明治7年)に改暦された二十四節気および七十二候になります。

したがって下記でご紹介している二十四節気の一覧表も明治7年に改暦された本暦に基づくものです。

二十四節気の意味や起源・歴史については下記ページを参照してください。

「二十四節気 一覧表💋2020年・2021年・2022年・2023年対応」の続きを読む…

【2022年】「白露 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

処暑で夏が終わりを告げると、やがて頻繁に台風が襲来する時期がやってきます。

その様相は二百十日や二百二十日で表現されるにように大型の台風が高頻度で襲来します。

季節の境目は天候が荒れるという古来よりの言い伝え通り、その様子をこのような気象現象が証明しています。

このように夏の酷暑が完全に止まり、本格的な秋への移り変わりの時期となるのが白露です。

以下では、「白露」の読み方や意味・由来と、併せて白露の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「白露 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「立夏 (りっか)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気

陽気な春も終わりを迎え、やがて残春と言う言葉が使われ始める頃、今度は春の次の季節である夏を迎えます。

暦上では夏の入口となる初夏の位置付けを立つ夏と書いて立夏と定めています。

立夏は二十四節気の中の1節であり、初夏の到来を告げる節気です。

以下では、この「立夏」の読み方や意味と、併せて立夏の旬な食べ物や、立夏の行事・風習をご紹介しています。 「【2022年】「立夏 (りっか)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「小満 (しょうまん)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気

いよいよ蒸し暑い夏の入口となるこの小満の頃、これといった大きな行事はないものの、二毛作を行う農家ではこれから夏本番に向けての田植えの準備や、麦の収穫作業に精を出す時期です。

「小満」はよく「麦秋」「麦の秋」という言葉にも置き換えられるほど、古来、麦の収穫時期として知られています。時候の挨拶では「麦秋の候」が有名です。

養蚕農家などでは養蚕が開始される頃であり、農家にとっての小満は1年のうちでもっとも忙しくなる季節と言っても過言ではありません。

小満は二十四節気の中の1節であり、立夏と併せて初夏の到来を告げる節気もありんす。

以下では、この「小満」の読み方や意味と、併せて小満の旬な食べ物や、小満の行事・風習をご紹介しています。 「【2022年】「小満 (しょうまん)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「小暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気

小暑は「夏盛り」という名の門をくぐった頃合いであり、門の奥には大暑(たいしょ)という夏本番が待っています。

小暑の頃には「七夕」という織姫彦星が年にたった一度、会えるという熱いLOVEの炎が火照りきって天高く炎上しちゃぅわ‥的なお熱ぅ〜ぃHOTな行事がある季節でもあります。

それと、忘れてはいけないのが、そろそろギンギンにクソほど冷えたビールがうまい頃合いでもあり、クソ腹を痛めつけるほど浴びるほど飲みたい頃合いでもありんす。

以下では、この「小暑」の読み方や意味・由来と、併せて小暑の旬な食べ物や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「小暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「夏至 (げし)」はいつから?意味・由来(冬至と夏至の違い)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気

芒種から始まった梅雨はこの夏至期間中を通して、小暑の手前あたりまで続きます。

いよいよ夏至が到来すれば夏本番に突入したといえます。

この頃、北半球においてはちょうど夏至の日は1年の中でもっとも昼の時間が長くなり、夜が短くなります。

しかしながら、夏至の期間は梅雨時期でもありんすので、ぐずついたお天気が続き、日照時間が約4時間くらいということもあり、太陽があまり見えません。したがって、蒸し暑さだけが夏の到来を告げており、昼時間が長いことに気づきません。

以下では、この「夏至」の読み方や意味・由来と、併せて夏至の旬な食べ物や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「夏至 (げし)」はいつから?意味・由来(冬至と夏至の違い)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「処暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

処暑の前の節気となる「立秋」は、「秋が立つ」と書いて立秋です。

しかしながら立秋とは名ばかりで実際はまだまだ残暑が厳しく、汗ばむ陽気が続く頃です。ただ、処暑の時期になると台風の襲来が多くなり、荒天も多いことから、いよいよ夏から次の節気となる秋へと移り変わる様子を感じる頃でもありんす。

以下では、「処暑」の読み方や意味・由来と、併せて処暑の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「処暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「秋分」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

んuhhhh〜ふぅん

チュっチュっ今すぐKiss me!!GOGO! イェイ!イェイ!Ohぅ〜!Ohぅ〜!イェイ!イェイ!  

‥‥

‥‥はい。と、いう訳で夏も終わりを迎え、秋深々とした一夏の淡い君の薄着姿に哀愁を感じる今日この頃、、… イェイ!イェイ!Ohぅ〜!Ohぅ〜!チュっチュっイェイ!イェイ! 

‥‥

‥‥。

‥秋深まると日暮れを早く感じるようになり、昼夜の長さが等しく感じられます。

これはつまり、日の出が遅く、日の入りが早くなり、秋の深まりを感じられるようになりんす。

以下では、「秋分」の読み方や意味・由来と、併せて秋分の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「秋分」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「寒露」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

寒っ!!

今日めっちゃサブい。最近のネタぐらい。‥‥いや、ほっとけ!

‥と、言うワケで、秋もいよいよ深まり、そろそろ山間部では紅葉時期を迎えます。

朝夕は最近のネタのように激サブであっても 2回言わんでエエ  昼間は読書の秋!食欲の秋!‥と言われるほど、快適てきてきビフテキかもぉ〜ンに過ごせる頃合いでもありんす。意味不明

以下では、「寒露」の読み方や意味・由来と、併せて寒露の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「寒露」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-