2021年の「立冬」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

いよいよ日清どん兵衛 特盛が汁まで残さずススり込める季節が到来しやしたねぇ。

ススり込む時のコツはズズっと豪快にイクこと!豪快にいきすぎると‥鼻から麵(うどん)が飛び出してきまする。これは実話

そして時季は‥、そぅ!冬が立つと書いて「立冬」!!

皆さんは「立冬」と聞いて何を想像しやすかぃ?

あ〜、もうすぐ今年も終わり。後1ヶ月‥。はぁ〜、また1年歳とってくわぁん

‥‥などと憂鬱に陥りそうな発言ばかりしていやせんかぃ?

そんな時はダマされたと思って、ちょ〜っとお外へ出ておくんなせぇ。

少し肌寒さを感じながらも空は雲1つない秋晴れ、公園の木々は1年のうちで最高の魅せ場となる紅葉のステージを演出し、近所の家の生垣には、この時季から盛りを迎えるサザンカやツバキの花を付けます。

水辺に行けば、実にかぐわしい芳醇なニオイを四方へ放つ、うつむきかげんが最高に映える君の後ろ姿のように可憐な水仙が咲きほこります。長っ

普段、何気無しに通りすぎるだけだったいつもの場所たちも、気づきもしなかったこんなにも元気をくれるこの時季特有の彩りがありんす。

以下では「立冬」の読み方や意味・由来と、併せて立冬の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「2021年の「立冬」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

「金盞香」「野鶏入大水為蜃」の意味・由来・読み方|【立冬(二十四節気)七十二候・末候】

このページでは二十四節気「立冬」の七十二候・末候における「金盞香」「野鶏入大水為蜃」の意味・由来・読み方についてご紹介しています。

「「金盞香」「野鶏入大水為蜃」の意味・由来・読み方|【立冬(二十四節気)七十二候・末候】」の続きを読む…

2021年の「霜降」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

ちょ〜っと、夜にでも縁側やベランダに出て耳を済ませておくんなせぇ。

虫の鳴き声が少し弱くなってきたのを感じやせんですかぃ?

特に夕方近くにお外へ出ると少しの肌寒さとともに、最近のネタ切れのサブさと共に財布のサブさも相重なり、冬の到来を身に染みて実感する今日この頃‥、ヒュぅ〜‥

と、いうワケで、以下では「霜降」の読み方や意味・由来と、併せて霜降の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しているわよウフぅん

「2021年の「霜降」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

「蟋蟀在戸」「菊有黄華」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・末候】

このページでは二十四節気「寒露」の七十二候・末候における「蟋蟀在戸」「菊有黄華」の意味・由来・読み方についてご紹介しています。

「「蟋蟀在戸」「菊有黄華」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・末候】」の続きを読む…

「菊花開」「雀入大水為蛤」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・次候】

このページでは二十四節気「寒露」の七十二候・次候における「菊花開」「雀入大水為蛤」の意味・由来・読み方についてご紹介しています。

「「菊花開」「雀入大水為蛤」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・次候】」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-