2021年の「霜降」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

ちょ〜っと、夜にでも縁側やベランダに出て耳を済ませておくんなせぇ。

虫の鳴き声が少し弱くなってきたのを感じやせんですかぃ?

特に夕方近くにお外へ出ると少しの肌寒さとともに、最近のネタ切れのサブさと共に財布のサブさも相重なり、冬の到来を身に染みて実感する今日この頃‥、ヒュぅ〜‥

と、いうワケで、以下では「霜降」の読み方や意味・由来と、併せて霜降の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しているわよウフぅん

「2021年の「霜降」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

「蟋蟀在戸」「菊有黄華」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・末候】

このページでは二十四節気「寒露」の七十二候・末候における「蟋蟀在戸」「菊有黄華」の意味・由来・読み方についてご紹介しています。

「「蟋蟀在戸」「菊有黄華」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・末候】」の続きを読む…

「菊花開」「雀入大水為蛤」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・次候】

このページでは二十四節気「寒露」の七十二候・次候における「菊花開」「雀入大水為蛤」の意味・由来・読み方についてご紹介しています。

「「菊花開」「雀入大水為蛤」の意味・由来・読み方|【寒露(二十四節気)七十二候・次候】」の続きを読む…

2021年の「寒露」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

寒っ!!

今日めっちゃサブい。最近のネタぐらい。‥‥いや、ほっとけ!

‥と、言うワケで、秋もいよいよ深まり、そろそろ山間部では紅葉時期を迎えます。

朝夕は最近のネタのように激サブであっても 2回言わんでエエ  昼間は読書の秋!食欲の秋!‥と言われるほど、快適てきてきビフテキかもぉ〜ンに過ごせる頃合いでもありんす。意味不明

以下では、「寒露」の読み方や意味・由来と、併せて寒露の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「2021年の「寒露」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-