【2022年】入梅はいつ?意味・名前の由来(起源)・食べ物(入梅いわし)と【梅雨入りと入梅の違い】|雑節

梅雨時期はぐずついた天気が続き、洗濯物の干す場所に困ったり、蒸し暑くジメジメとして何かと鬱陶しい日々が続きますが、この時期は夏を迎える前の準備期間としてとても大切な期間です。

また、梅雨時期を1つのサインと捉えて、梅雨までにしておくこと、梅雨の後にすることなど、梅雨は季節の境目の期間ともなり得るものです。

そして、この梅雨時期に入ることを略称で「入梅」と言いんすえ。いいんすえ?

以下ではこの入梅の期間や意味・由来と合わせて入梅時期の旬な食べ物や行事をご紹介しています。

「【2022年】入梅はいつ?意味・名前の由来(起源)・食べ物(入梅いわし)と【梅雨入りと入梅の違い】|雑節」の続きを読む…

【2022年】半夏生はいつから?毒が天降る意味・由来と・行事(風習)など|雑節

夏至の時期の中頃を少し過ぎたあたり、夏至から数えて11日目には「半夏生」という日が、「雑節(ざっせつ)」と「七十二候(しちじゅうにこう)」という暦で定められています。

雑節と七十二候の2つの暦で集録されている事実をもってしても、半夏生がいかに重要な日とされてきたのが理解できます。

雑節や七十二候という暦は農作業の目安とされていることからも、半夏生が農作業においての1年の重要な節目と位置付けられているからに他なりません。

以下では、半夏生の期間や意味・由来(起源)・行事食(食べ物)・行事(風習)などをご紹介しています。

「【2022年】半夏生はいつから?毒が天降る意味・由来と・行事(風習)など|雑節」の続きを読む…

【2022年】「小暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気

小暑は「夏盛り」という名の門をくぐった頃合いであり、門の奥には大暑(たいしょ)という夏本番が待っています。

小暑の頃には「七夕」という織姫彦星が年にたった一度、会えるという熱いLOVEの炎が火照りきって天高く炎上しちゃぅわ‥的なお熱ぅ〜ぃHOTな行事がある季節でもあります。

それと、忘れてはいけないのが、そろそろギンギンにクソほど冷えたビールがうまい頃合いでもあり、クソ腹を痛めつけるほど浴びるほど飲みたい頃合いでもありんす。

以下では、この「小暑」の読み方や意味・由来と、併せて小暑の旬な食べ物や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「小暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「夏至 (げし)」はいつから?意味・由来(冬至と夏至の違い)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気

芒種から始まった梅雨はこの夏至期間中を通して、小暑の手前あたりまで続きます。

いよいよ夏至が到来すれば夏本番に突入したといえます。

この頃、北半球においてはちょうど夏至の日は1年の中でもっとも昼の時間が長くなり、夜が短くなります。

しかしながら、夏至の期間は梅雨時期でもありんすので、ぐずついたお天気が続き、日照時間が約4時間くらいということもあり、太陽があまり見えません。したがって、蒸し暑さだけが夏の到来を告げており、昼時間が長いことに気づきません。

以下では、この「夏至」の読み方や意味・由来と、併せて夏至の旬な食べ物や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「夏至 (げし)」はいつから?意味・由来(冬至と夏至の違い)・食べ物・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「処暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

処暑の前の節気となる「立秋」は、「秋が立つ」と書いて立秋です。

しかしながら立秋とは名ばかりで実際はまだまだ残暑が厳しく、汗ばむ陽気が続く頃です。ただ、処暑の時期になると台風の襲来が多くなり、荒天も多いことから、いよいよ夏から次の節気となる秋へと移り変わる様子を感じる頃でもありんす。

以下では、「処暑」の読み方や意味・由来と、併せて処暑の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「処暑 」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【二百二十日とは?】2022年の二百二十日はいつ?意味や由来(起源)・季語・食べ物(行事食)|雑節

雑節の一覧をボヤボヤと眺めていると、おやおや、「二百十日」やら「二百二十日」と書かれたワケの分からぬ得体のしれない日があるではござらぬか。

以下では2021年の二百二十日の日と、二百二十日の意味や由来、合わせて二百二十日の有名な飲み物や食べ物・風習(行事)についてご紹介しています。

「【二百二十日とは?】2022年の二百二十日はいつ?意味や由来(起源)・季語・食べ物(行事食)|雑節」の続きを読む…

【二百十日とは?】2022年の二百十日はいつ?意味や由来(起源)・季語・食べ物(行事食)|雑節

雑節の一覧をボヤボヤと眺めていると、おやおや、「二百十日」やら「二百二十日」と書かれたワケの分からぬ得体のしれない日があるではござらぬか。

以下では2021年の二百十日の日と、二百十日の意味や由来、合わせて二百十日の有名な飲み物や食べ物・風習(行事)についてご紹介しています。

「【二百十日とは?】2022年の二百十日はいつ?意味や由来(起源)・季語・食べ物(行事食)|雑節」の続きを読む…

【雑節】年4回?2022年の土用の期間はいつからいつまで?「土用」の意味や由来(起源)とは?

「土用」と聞けば一般的に夏のことをイメージしてしまう方が多いのではないでしょうか。

確かに「土用」と言えば古来、夏にウナギを食べる風習があることから、盛夏の最中の1日と思ってしまいます。

中にはキンプリの平野氏のような強者がいて、土曜日のことを「土用」だと勘違いし、土曜日にウナギを食べるものだと思っている方もいるのでは?

それと忘れてはいけないのが、「土用」自体が雑節に集録されている節気の1つだと言う事です。

以下では雑節における土用の2022年の日にち(期間)や、「土用」の意味や由来(起源)・食べ物(行事食)・過ごし方についてご紹介していています。

「【雑節】年4回?2022年の土用の期間はいつからいつまで?「土用」の意味や由来(起源)とは?」の続きを読む…

【2022年】「秋分」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気

んuhhhh〜ふぅん

チュっチュっ今すぐKiss me!!GOGO! イェイ!イェイ!Ohぅ〜!Ohぅ〜!イェイ!イェイ!  

‥‥

‥‥はい。と、いう訳で夏も終わりを迎え、秋深々とした一夏の淡い君の薄着姿に哀愁を感じる今日この頃、、… イェイ!イェイ!Ohぅ〜!Ohぅ〜!チュっチュっイェイ!イェイ! 

‥‥

‥‥。

‥秋深まると日暮れを早く感じるようになり、昼夜の長さが等しく感じられます。

これはつまり、日の出が遅く、日の入りが早くなり、秋の深まりを感じられるようになりんす。

以下では、「秋分」の読み方や意味・由来と、併せて秋分の旬な食べ物(行事食)や行事・風習をご紹介しています。

「【2022年】「秋分」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|二十四節気」の続きを読む…

【2022年】「社日(春社・秋社)」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|雑節

雑節の一覧をボヤボヤと眺めていると、おやおや、「社日」と書かれたワケの分からぬ得体のしれない日があるではござらぬか。

しかも春と秋に1つずつある!

いったい社日とはなんぞや?

以下では社日の意味や由来、合わせて社日の有名な飲み物や食べ物・風習(行事)についてご紹介しています。

「【2022年】「社日(春社・秋社)」はいつから?意味・由来(起源)・食べ物(行事食)・行事(風習)など|雑節」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-