【風水術】2022年ラッキーカラー&ラッキーアイテム!恋愛運・金運を上げる財布の色・パワーストーンは?

スポンサードリンク

2022年の干支は「壬寅(みずのえとら)」。ものごとの生成と成長を示す年であり、2022年に始めることは大きく成長する可能性があると考えられます!

そんな2022年の運気をしっかりとつかむには、恋愛運や金運をアップさせるラッキーカラーをしっかり掴んでおきたいものです。

今回は、2022年のラッキーカラーを占い師がご紹介します!

2022年の基本のラッキーカラーは「ワインレッド」と「シャンパンゴールド」

まずは基本、全体的にどの運気もアップしてくれるラッキーカラーをチェックしましょう。

2022年の場合、基本のラッキーカラーは

  • ワインレッド
  • シャンパンゴールド

の2つとなります。

ワインレッドが示すものは「自分」です。

ですから、ワインレッドを身に付けるということは、自分、自我を大切にするべき、というメッセージでもあります。

自分に対する信頼感であるとか、いわゆる自己肯定感、個人としてのブランドづくり、魅力づくりがより一層大切になってくる年でもあるということを示していますね。

一方のシャンパンゴールドは「神様の色、神聖な色」です。

自分一人の力でどうにかなることばかりではないので、大自然からのパワー、神様の力をお借りするという意味で、シャンパンゴールドがラッキーカラーに挙げられます。

冒頭にお話したとおり、「生産」そして「成長」をあらわず2022年は、自分個人の力、他者の力(つまり運)、どちらが欠けても、最大限のパワーを発揮することはできません。

ワインレッドとシャンパンゴールドという、一見相反した意味を持つ2色をしっかりと取り入れることで、自分の力を発揮し、同時に周囲からの運も味方につけることが可能になるのです。

2022年に金運を上げるラッキーカラーは「山吹色」「ゴールド」

2022年のラッキーカラーの1つに「山吹色」があります。

どの運気も上げてくれますが、特に金運をアップしてくれる色と言えそうです。

山吹色は、数ある黄色の中でも色味がゴールドに近く、「金」の気を活性化させてくれる色にあたります。

実は、黄色は五行の「金」の色ではなく、「土」の色。

「土生金」、つまり「土から金が生まれる」という理念のもとに、黄色い色で金運を活性化できると考えられているのです。

もちろん、金の方角である西側とも関係が深いので、「家や部屋の西に山吹色のものを飾る」といった方法もおすすめです。

なお、金色は2000年代共通のラッキーカラーとも言われており、毎年のようにラッキーカラーに並ぶ色ですよ!

金運とともに恋愛運もアップしてくれる色ですので、ぜひゴールドのアクセサリーを身に付けてください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






2022年に恋愛運を上げるラッキーカラーは「グリーン」「ブルー」

「壬(みずのえ)」すなわち「水の兄(え)」にあたる2022年。水の気が大きく成長する年ですが、恋愛運を司る運気「火」とは言わずと知れた対立関係にあたります。ただ恋愛運において「水」は必要不可欠な気でもあります。なぜなら、相手を包み込む優しさや、渇きをうるおしていく癒やしは、火ではなく水の要素だからです。

つまり、2022年の運気を上手に恋愛に活かすためには、高まる「水」の気をしっかりと利用していくことが大切なのです。

2022年の恋愛は、自分勝手な愛情を相手に押しつけるだけでは成就しないでしょう。そして、物質面から尽くすこともほとんど意味がないはずです。プレゼントをして振り向いてもらおうというのは、全体的に見ても愚の骨頂ですが、2022年にはさらに無意味なものとなります。

それよりは、相手の気持ちに配慮をし、どれくらい相手に尽くすことができるか……が鍵となってくるでしょう。

ラッキーカラーで言うと、水や木の気を司る「グリーン」と「ブルー」です。

自分の心の冷静さを保ち、客観的な視点を持ち、相手がどう感じているかということに配慮をして行動を選択する。グリーンとブルーは、その判断の助けになるはずです。

ここまでご紹介してきたシャンパンゴールドやゴールドも、恋愛運を盛り上げてくれるはずなので、一緒に取り入れてみましょう。

2022年に恋愛運や金運の上がる財布の色は?NGラッキーカラーも!?

2022年に恋愛運や金運が上がる財布の色をチェックしましょう!

ラッキーカラー「山吹色」の財布は「恋愛運には○、金運には×」!!?

2022年に財布を新調しようと考えている人は、「ラッキーカラーだから山吹色♪」と安直に選ばないようにしましょう!

山吹色や金色の財布は、お金の動きが激しい財布として風水では有名です。

つまり、確かにお金は入ってきやすくなるのですが、出て行きやすくもなるお財布と言われています。

これは、黄色=人脈を広げる色でもあると考えられているためです。つまり、お付き合いが多くなり、また楽しいことも増え、出費の機会が倍増する可能性がある、ということなんですね!

山吹色の財布を持って良い人は、お財布の口を締めるのが得意な人。

入ってきたお金をしっかりと手元に残しておくことができるかもしれません。

ただし、黄色の財布を持つ場合、人づきあいを極端に避けるとせっかくの黄色い財布が持っている金運を逃してしまいますので、お付き合いのための出費はほどほどに覚悟したいものです。

なお、恋愛運をアップしたい場合は、あえて濃い色の黄色系の財布にして、人脈を広げるのも1つの手段だと思います。

出費はそれなりに覚悟の上で、自分の人気運をアップさせ、人との交流を増やせば、恋愛のチャンスもその分増えますよ!

ラッキーカラー「ワインレッド」の財布は「色味によって×」!

今年のラッキーカラーにはワインレッドも入っていたよね、じゃあワインレッドの財布にする? と考える人もいるかもしれませんが、ちょっと待って!

ワインレッド、すなわち「赤」系の財布は、「中のお金を燃やす」と言われるほどで、こちらも風水ではNG財布の1つです。

つまり、ただのワインレッドのお財布は、ほぼオススメできません。

ワインレッドっぽさを財布に求めたいのならば、茶色にも見えるワインカラーのお財布にすることが重要!

レッドブラウンであれば、あまりワインレッドには見えなくなってしまうかもしれませんが、「土」の気が入るので金運に対して良いアプローチをすることができるでしょう。

2022年、金運&恋愛運におすすめの財布カラーは「クリーム色」か「パープル」

2022年に金運・恋愛運アップの財布を新調するなら、「クリーム色」か「パープル」をおすすめします!

クリーム色は、ラッキーカラーである金色や山吹色の系列色でありながら、色味が柔らかく、金色、山吹色の持つ意味合いを和らげてくれます。クリーム色ならば激しくお金が入ってくることはないかもしれませんが緩やかに金運を集めますし、激しく出費をしてしまうことも減るはずです。

また、黄色の補色であるパープル、紫色の財布もおすすめです。

黄色が人脈の色であるのと同様に、紫は人脈、特に人望を集める色であると言われます。人との交流を増やす傾向もありますので、恋愛運アップにもおすすめです。人と自分との信頼感をつなぎ、そのことによってじりじりと入ってくるお金を増やす色が、パープルです。

2022年におすすめのラッキーカラーパワーストーン3選

最後に、2022年に身に付けるのがおすすめの、ラッキーカラーのパワーストーンを3つご紹介します。

ロードライトガーネット(ワインレッド色)

まずは、ラッキーカラー「ワインレッド」の色をそのまま持つ、「ロードライトガーネット」です。

しっかりとした自我を確立させると同時に、自分の目標を明確なものにして、目標達成を助けてくれると言われています。

ゴールデンオーラ(山吹色系の金色)

ゴールデンオーラは、アメリカで特殊加工を施され、金属を水晶などに蒸着した「オーラ系」と言われる水晶の1つです。

色は濃い金色をしており、きらきらと虹色に光るのが特徴的で、見る人をとても惹きつけます。

金運とともに人気運、人脈の運を上げるので、恋愛運にも良い働きをすると言われている石です。

アクアマリン(水色)

2022年は木星がうお座へ回るので、うお座のラッキーストーンであるアクアマリンが役に立ちます。

うお座の人でなくても、アクアマリンを身に付けることで「ラッキーの星」と言われる木星のパワーをいただくことができるでしょう。

水色は、「壬(みずのえ、水の兄)」である2022年と相性の良い色でもあります。

アクアマリンは質のばらつきが大きく、安価なものでは本物でも、色が濁っていることがありますが、宝飾品では透明度の高い人工アクアマリンということもあります。購入にあたっては口コミなど定評のあるお店で購入することをおすすめします。

2022年のラッキーカラーで楽しい1年を!

新型コロナウイルス関連の規制も多く、疲弊することが増えている近年。

そんな中、2022年は「自分」と「身近な人」を大切にしてく年になると言われています。

2021年頃から「これまでの価値観を捨てる」シチュエーションが増え、対応に苦慮している人もいるかもしれませんが、ラッキーカラーを身に付け、柔軟な考え方を手に入れて、ぜひ2022年も楽しい、良い1年にしていってくださいね。

Writer:陰陽の末裔/占い師・パワーストーンアドバイザー
あん茉莉安(ホームページ

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ