2021年の入梅はいつ?意味・名前の由来(起源)・食べ物(入梅いわし)と【梅雨入りと入梅の違い】|雑節

梅雨時期はぐずついた天気が続き、洗濯物の干す場所に困ったり、蒸し暑くジメジメとして何かと鬱陶しい日々が続きますが、この時期は夏を迎える前の準備期間としてとても大切な期間です。

また、梅雨時期を1つのサインと捉えて、梅雨までにしておくこと、梅雨の後にすることなど、梅雨は季節の境目の期間ともなり得るものです。

そして、この梅雨時期に入ることを略称で「入梅」と言いんすえ。いいんすえ?

以下ではこの入梅の期間や意味・由来と合わせて入梅時期の旬な食べ物や行事をご紹介しています。

「2021年の入梅はいつ?意味・名前の由来(起源)・食べ物(入梅いわし)と【梅雨入りと入梅の違い】|雑節」の続きを読む…

2021年の「芒種 (ぼうしゅ)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気

初夏も過ぎた頃、いよいよ夏本番を迎える時期になり、日本では梅雨に入ります。別名で「入梅」とも呼ばれるこの梅雨時期を司る二十四節気こそが「芒種」です。

芒種は穀雨と重なる恵みの降雨の季節です。芒種の雨が穀雨の雨と異なるのは、梅雨という長雨が降り続く日が幾日も続きます。

これから夏本番を迎えるに前に長雨の恵みによって大地は水分を充分に蓄え、日照りが続く夏本番に備えます。言い換えると一夏を越すための大切な準備期間とも言えます。

以下では、この「芒種」の読み方や意味と、併せて芒種の旬な食べ物や行事・風習をご紹介しています。

「2021年の「芒種 (ぼうしゅ)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-