雑節の意味や由来・起源(歴史)・覚え方や日にちを説明します!

日本には古来、「歳時記(さいじき)」と呼ばれる文化があります。

歳時記とは、四季の物事や年中行事などをまとめた書物を意味し、この中に二十四節気・七十二候、五節句、そして「雑節」と呼ばれるものがありんすよありんすよ?

以下ではこの雑節の意味や由来・起源と、合わせて覚え方についてご紹介していまんすえ。い、いまんすえ??

「雑節の意味や由来・起源(歴史)・覚え方や日にちを説明します!」の続きを読む…

二十四節気の意味や由来(起源)・覚え方と決め方(作った人)の起源を解説!

日本には古来、歳時記と呼ばれる文化があります。

歳時記とは、四季の物事や年中行事などをまとめた書物を意味し、この中に二十四節気と呼ばれるものがあります。

以下ではこの二十四節気の意味や由来・起源と、合わせて覚え方についてご紹介しています。

「二十四節気の意味や由来(起源)・覚え方と決め方(作った人)の起源を解説!」の続きを読む…

【雑節】一覧表💋「2020年・2021年・2022年対応」

雑節とは、二十四節気を補完する目的で作暦された純日本産の暦です。補完された理由は、二十四節気が中国で作暦された暦になりますので、中国の気候・気象に基づいて作暦されていることから、そのまま日本で活用すると季節と暦に誤差が生じるからです。

そもそも二十四節気や七十二候は農業を営む人々にとっては重要な位置付けの指標でした。そこに誤差がでると暦としての意味が成り立たなくなりますので、二十四節気に対して雑節のような日本の気象・気候に合わせた独自の暦を作ったのです。

現行の二十四節気は江戸時代後期の暦学者・渋川春海が改訂した二十四節気(七十二候ふくむ)に基づき、1874年(明治7年)に改暦された暦になります。

以下では雑節の名前を中心として、日にちや定気法(太陽視黄経)、内容の解説を述べています。

「【雑節】一覧表💋「2020年・2021年・2022年対応」」の続きを読む…

2021年の「小満 (しょうまん)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気

いよいよ蒸し暑い夏の入口となるこの小満の頃、これといった大きな行事はないものの、二毛作を行う農家ではこれから夏本番に向けての田植えの準備や、麦の収穫作業に精を出す時期です。

「小満」はよく「麦秋」「麦の秋」という言葉にも置き換えられるほど、古来、麦の収穫時期として知られています。時候の挨拶では「麦秋の候」が有名です。

養蚕農家などでは養蚕が開始される頃であり、農家にとっての小満は1年のうちでもっとも忙しくなる季節と言っても過言ではありません。

小満は二十四節気の中の1節であり、立夏と併せて初夏の到来を告げる節気もありんす。

以下では、この「小満」の読み方や意味と、併せて小満の旬な食べ物や、小満の行事・風習をご紹介しています。 「2021年の「小満 (しょうまん)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-