2021年の「小満 (しょうまん)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気

いよいよ蒸し暑い夏の入口となるこの小満の頃、これといった大きな行事はないものの、二毛作を行う農家ではこれから夏本番に向けての田植えの準備や、麦の収穫作業に精を出す時期です。

「小満」はよく「麦秋」「麦の秋」という言葉にも置き換えられるほど、古来、麦の収穫時期として知られています。時候の挨拶では「麦秋の候」が有名です。

養蚕農家などでは養蚕が開始される頃であり、農家にとっての小満は1年のうちでもっとも忙しくなる季節と言っても過言ではありません。

小満は二十四節気の中の1節であり、立夏と併せて初夏の到来を告げる節気もありんす。

以下では、この「小満」の読み方や意味と、併せて小満の旬な食べ物や、小満の行事・風習をご紹介しています。 「2021年の「小満 (しょうまん)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気」の続きを読む…

2021年の「立夏 (りっか)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気

陽気な春も終わりを迎え、やがて残春と言う言葉が使われ始める頃、今度は春の次の季節である夏を迎えます。

暦上では夏の入口となる初夏の位置付けを立つ夏と書いて立夏と定めています。

立夏は二十四節気の中の1節であり、初夏の到来を告げる節気です。

以下では、この「立夏」の読み方や意味と、併せて立夏の旬な食べ物や、立夏の行事・風習をご紹介しています。 「2021年の「立夏 (りっか)」はいつから?意味・由来・食べ物・行事など|二十四節気」の続きを読む…

「牡丹華」「戴勝降于桑」の意味・由来・読み方【穀雨(二十四節気)七十二候・末候】

このページでは二十四節気「穀雨」の七十二候・末候における「牡丹華」「戴勝降于桑」の意味・由来・読み方についてご紹介しています。

「「牡丹華」「戴勝降于桑」の意味・由来・読み方【穀雨(二十四節気)七十二候・末候】」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-