【おみくじ持ち帰ったらご利益半減?!】凶が出たら結んで帰り大吉が出たら持ち帰る理由とは?吉ならどうする?

スポンサードリンク

おみくじは神社とお寺の双方の境内に置かれていますが、あなたは、おみくじの内容に関わらず結んで帰りますか?

それとも持ち帰って大事に何処かに保管するタイプですか?

大抵の人は良い内容であれば持ち帰り、悪い内容であれば浄化してもらう意味合いで境内の結び場所に結んで帰る方が多くみられます。

このページではおみくじを結んで帰る理由や持ち帰る理由と併せて結び方もご紹介しています。

 

おみくじで大吉や大大吉が出たら境内に結んで帰る?

おみくじは、神社の境内や近辺にある「結びつけるところ」に結んで帰る方が多いことでしょう。

引いたおみくじを境内に結ぶか持ち帰るかを吉凶で判断している人は多いと思います。

中には、「おみくじは結んで帰らなくてはならないもの」と考えている方もいますが、これは必ずしもそうではありません。

本来おみくじは、引いた後大切に持ち帰り、機会あるごとに見返して人生の指針とするためのもの。

吉凶の結果がどうであれ持ち帰って、書かれている内容を日々の教訓やアドバイスとして時々読み返すのが一番ベストな方法であり、持ち帰ることを推奨している神社も少なくありません。

ですから、引いたおみくじを持ち帰り、大切に保管しても良いのです。

ただ、引いたその場でおみくじに書かれている内容に納得した場合や、前回引いたおみくじを持ってきた時などには、境内にある専用の場所に結んで帰ってもいいでしょう。

おみくじを結んで帰る意味や理由とは?

おみくじを結ぶことにも様々な意味が込められています。

  • 神仏との縁が結ばれ、願いが結実するよう願掛けのため。
  • 悪い結果だった場合に、厄落としをして悪い運気を持ち帰らないようにするため。

神仏との縁が結ばれ、願いが結実するよう願掛けのため

おみくじを処分したいときには、御札納め所に納めたり、おみくじを結ぶところへ結びつけると良いでしょう。

境内で引いたおみくじを、そのまま直接結んで帰る場合もあります。

これは、「さらなるご加護を祈る」ためであると言います。

特におみくじの内容が自分にとって「悪い」ものだった時には、その場で結びつけて加護を祈るという説もあります。

ただ、人生のアドバイスとして持ち帰る場合は、吉よりも凶のほうが、持ち帰って読み直すメリットはあるのかもしれません。

一旦持ち帰るにしても、引いてそのまま結びつけるにしても、最後には「結ぶ」という行為が付きものになっていることがわかります。

これは、神仏との「ご縁を結ぶ」ことにつながっています。

縁を結び、加護を祈る行為。これが「結びつける」行為なのです。

悪い結果だった場合に厄落としをして悪い運気を持ち帰らないようにするため

特に後者の場合には、鶴岡八幡宮の「強運みくじ納め箱」など、凶が出た時に用意されている専用の箱に結んで入れると、「凶運」が「強運」に変わるとされている寺社もあります!

おみくじをくくりつける際の注意点

木に結ぶのはマナー違反

昨今、引いたおみくじを用意された所定の場所にくくり付けずに、わざわざ境内に生えている木の枝にくくり付けて帰る方がいます。

もしくは、境内の木の枝におみくじが結び付けられているのを目にしますが、実はこれは現代ではマナー違反となります。

神社やお寺の境内は神域でもあり、神域ということは御神木でもあります。

元々は生命が宿る象徴としての御神木に、願いが叶うことを祈って行われ始めたと考えられますが、木の枝におみくじを結ぶことはその木を傷めてしまう原因になってしまいます。万が一にでも枝を折ってしまうと逆にバチが当たってしまいかねません。

おみくじ結んで帰る時は境内で決められた所定のくくり付け場所へ!

おみくじを結んで帰る際には、境内に設置されている所定のくくり付け場所に結ぶようにしましょう。

また指定された場所が見つからない場合には、御札納め所で受け取っていただくこともできます。

万が一、くくり付ける場所がない場合は面倒かも知れませんが、神社の場合は神職の方や巫女さんへ、寺院の場合は僧侶や寺務員の方へ聞いてみてください。

おみくじ持ち帰った場合はご利益半減する!?

おみくじを持ち帰ってもご利益が半減するなんてことはありません。

むしろ、おみくじの内容を真摯に受け止めて心に停めておくためには、持ち帰って事あるごとに読み返してもいいのです。

おみくじは神様からのお告げですから、大切に保管しましょう。

おみくじの関連記事

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ