神世七代とは?読み方とその存在、京都でお祀りする神社は城陽?城南?

今回は、記紀神話において一番初めに登場する「別天つ神五柱」の、その次に登場する「神世七代」についてご紹介したいと思います。別天つ神五柱同様、読み方もピンとこない「神世七代」ですが、これを何と読むのかはもちろん神様の御名前、どのような神様であるのかなどについてもお伝えしていきます。

ちなみに、『古事記』と『日本書紀』では登場する神様の順序が違うのですが、その理由、さらに『古事記』と『日本書紀』の歴史的意義の違いなどについても触れていきますよ!

「神世七代とは?読み方とその存在、京都でお祀りする神社は城陽?城南?」の続きを読む…

神様の数え方はなぜ「柱」なのか?読み方と由来(理由)を解説!

あなたは、神様の数を数えたい時、「1柱」「2柱」という数え方をすることについて「……なぜ柱?」と思ったことはないでしょうか。

そう、日本の神様は「1人、2人」ではなく「1柱、2柱」と数えます。

今回は、なぜ神様の数え方は「柱」なのか、その読み方なども解説していきたいと思います!

「神様の数え方はなぜ「柱」なのか?読み方と由来(理由)を解説!」の続きを読む…

古事記に出てくる「別天つ神五柱」とは?読み方は?何の神様なの?

古事記の一番最初には「別天つ神五柱」という神様が出てきますが、読み方も難しいですし、知名度も低くどのような神かあまり知られてもいないようです。

今回はちょっとレアな神様「別天つ神五柱」に注目し、読み方、そしてどのような神様なのかを解説していきたいと思います。

「古事記に出てくる「別天つ神五柱」とは?読み方は?何の神様なの?」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-