手水舎とは?手水舎の作法・口と手を洗う(そそぐ)手順

「手水舎」と聞いて、何をどうする場所なのか、しっかりと答えられますか?

ある程度何をするか知っている、どうしたらいいか完璧! という方などなど、いらっしゃると思いますが、実はコロナ禍の中で、手水舎の扱いもちょっとずつ変化が起こっているのが現実です。

今回は、手水舎の作法はもちろん、令和コロナ時代の手水舎の扱いについても、占い師の筆者がしっかりと解説していきますね。

「手水舎とは?手水舎の作法・口と手を洗う(そそぐ)手順」の続きを読む…

お守りの起源・由来は?海外にもある?お寺と神社のお守りの違いとは

神社やお寺のお守りはお土産の定番でもありますが、中に何が入っているか気になったり、開けてみようと思ったり(罪悪感!)、そもそもお守りの由来って……? と思うことも。

今回は占い師の筆者が、お守りの起源から数え方、中身、また海外のお守りなどについても、ご紹介していきます!

「お守りの起源・由来は?海外にもある?お寺と神社のお守りの違いとは」の続きを読む…

寺院(お寺)の一般的な正しい参拝方法は?マナー・服装・お賽銭など

神社の参拝方法って色々と言われていますが、寺院の参拝方法やマナーって、どうなっているのか……迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は占い師の筆者が、寺院の一般的な参拝方法やマナー、服装、お賽銭などについてまとめました。

「寺院(お寺)の一般的な正しい参拝方法は?マナー・服装・お賽銭など」の続きを読む…

お守りの返納方法とは??返すタイミングはいつ?返納場所はどこでも良い?

お守りの返納方法は、信心があればこそ気になるもの。

お守りを返納したいときには、そのためのプロセスがあります。

今回はお守りの返納について、その方法、タイミング、場所などについてまとめました。 「お守りの返納方法とは??返すタイミングはいつ?返納場所はどこでも良い?」の続きを読む…

ちょっと気になる!奉納されたお賽銭はドコへ行く?『知られざるお賽銭の使われ方とは?』

いつも訪れる寺社へ参拝すると長閑で静かな境内が広がっていますが、正月初詣に行くと境内の様相は一変し、大勢の参拝者たちや出店(屋台)などが集い、1年で一番とも言えるほど賑わいをみせます。

そんな大勢の参拝者たちがほぼ必ず奉納あります。

もうお分りですね?

そうです。「お賽銭」です。

しかし大勢の参拝者たちから奉納されるお賽銭を受け入れるためには、ちょっといつものお賽銭箱では小さい気がします。

そこで寺社によっては、初詣期間中は特別に「大型のお賽銭箱」・・ではなく、臨時で設営された「特大のお賽銭受け」を用意することがあります。

お賽銭受けが用意されるということは、その大きさに比例した大量のお賽銭が奉納される見込みがあるということですが、ほとんど誰しもが気になるのは「奉納された大量のお賽銭はいったいどこへ行くのか?」はたまた「どうやって使われるのか?」。

このページではそんな疑問に答えていきたいと思います。おっフォン

「ちょっと気になる!奉納されたお賽銭はドコへ行く?『知られざるお賽銭の使われ方とは?』」の続きを読む…

実はお布施には種類があった!お布施の意味や起源もお話します

一般的に知られている「お布施」とは、葬式場の受付で手渡したり、はたまた、法事などで僧侶の方に手渡すときの「真っ白な紙袋に包んだお金のこと」を想像してしまいませんか?

はたして、お布施とは単にそれだけのことを指すのでしょうか。

このページでは、「お布施」の意味や種類のほか、お布施の起源について述べています。

「実はお布施には種類があった!お布施の意味や起源もお話します」の続きを読む…

手水舎の読み方と起源そして所作(作法)

神社の参拝方法を調べていると、「手水舎」という言葉が出てくることがあります。

手水舎は神社だけでなく、寺院にも置かれています。

これって一体何と読むのだろう。何のことだろう……と思ったことはありませんか?

今回は、「手水舎」の読み方から、そのマナーまでご紹介したいと思います。私の汗ドブ臭い(これはマジ)

「手水舎の読み方と起源そして所作(作法)」の続きを読む…

お守りを買った時の紙袋の「上」の意味

神社へ参拝に訪れて、ミニ社務所(授与所)でお守りを授かると大抵の場合、「」と書かれた紙袋にお守りを入れていただいて授与していただけます。

この「上」の意味を疑問に持たれたことはありませんか? 「お守りを買った時の紙袋の「上」の意味」の続きを読む…

【お守りの有効期限は1年!交換する理由とは?】1年を過ぎれば「こんな大変な事が起こる??」

「お守りには有効期限がある」なんて言うけれど、食べ物のように賞味期限が書いてあるわけではないし、それってどういう意味?

・・と感じたことはありませんか?

まして、キチンと書かれていない有効期限について「有効期限が過ぎれば大変なことが起きる」などと言われてしまえば、かぎりなく不安になってしまいます。

果たして、お守りの有効期限や、これを守らなかったことで起こるらしい、デメリットの真実とは? 「【お守りの有効期限は1年!交換する理由とは?】1年を過ぎれば「こんな大変な事が起こる??」」の続きを読む…

お守りの正しい持ち方と「けっしてやってはいけない持ち方」

神社に参拝して、神徳をお分けいただこうとお守りを持ち帰ります。

またあるいは、神徳のお裾分けと、お土産がてらお守りをどなたかからいただくこともあるでしょう。

いずれも、日本では決して珍しいことではありません。

しかし、自分のものとなったお守りの「持ち方」について留意していますか?

正しい持ち方なんて何も気にせず、バッグにつけたり、漠然と机の引き出しに入れてある…という方も多いことでしょう。

はたしてお守りの持ち方の正しい持ち方とは? 間違った持ち方とは…?

「お守りの正しい持ち方と「けっしてやってはいけない持ち方」」の続きを読む…

スポンサードリンク-Sponsored Link-